2007年04月03日

シネマミュージックとベスト100

シネマミュージックに関するCDはたくさん販売されていますよね。

その中でもシネマミュージックお買い得は何と言ってもベストなつかしい映画音楽100です。

つまり、シネマミュージックが100曲入っているんですね。

シネマミュージックを個別に買う必要がないんですね。

ウエストサイドストーリーから、風とともに去りぬ、カサブランカなどの、懐かしい・素晴らしい名画を飾る、スクリーン・ミュージック。

その中から、選りすぐりの名曲100曲を、美しい豪華なオーケストラで奏でました。聴けばよみがえる美しい思い出。上質なBGMとして最適な1枚です。

一曲一曲を聴けば、懐かしさいっぱいになりますね。

シネマミュージックのあのときのあの曲を聞けば、あのときの
彼女を思い出だす。

シネマミュージックのあのメロディで何度励まされたか、
そんなシネマミュージックをじっくりとお聞きください。

アマゾンで検索すれば出てきます。
posted by 映画大好き at 15:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シネマミュージックと宮崎駿映画音楽

シネマミュージックの中でも宮崎駿作品はまりにもゆうめいですね。

シネマミュージックの宮崎駿でおなじみの久石譲らが作曲した、やさしく穏やかなメロディーがとてもいいですね。

シネマミュージックの宮崎編はどちらかというと癒し系かなと思うほどに人の心に訴えかけ、人を落ち着かせ自律神経を助ける効果があるんじゃないのかなと思います。

シネマミュージックの宮崎作品は究極のリラクゼーション音楽と言っても過言ではありません。

シネマ ミュー ジックの宮崎ワールドの優しい世界が、睡眠とマッチしていて、睡眠前の実に穏やかな時間をつくり出しました。

シネマミュージックのCDを買ったことのない人も、宮崎作品の音楽はいいなと思うのではないでしょうか。

シネマミュージックで疲れている方、癒されたい方、ぜひ、聞いてみてください。

シネマミュージックの宮崎ファンなら、次々と映画の名シーン(ナウシカが金色の光の上を歩く場面や、千尋がハクと空の上で名前を確認する場面などなど)が浮かんでくることでしょう。



posted by 映画大好き at 15:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シネマミュージックの代表作

シネマミュージックの中でも代表作は数々ありますよね。

シネマミュージックの中で著名な曲をあげてみたいと思います。

シネマミュー ジックお涙誘い系
 戦場のピアニスト
 ニューシネマパラダイス
 レオン
 ロッキーのテーマ
 
などなどです。

シネマミュージック「せつない」系
 ある日どこかで
 アメリ
 ピアノ・レッスン
 ウエスタン

などなどです。

シネマミュージック「ちょっと前に流行った」系
 スター・ウォーズ
 風と共に去りぬ
 ゴッドファーザー
 バック・トゥ・ザ・フューチャー
 ゴーストバスターズ
 インディ・ジョーンズ
 サウンド・オブ・ミュージック

もあげられます。

シネマミュージックでまだ聞いていないものがあれば、DVDを
借りてきて見て聞いてください。
 
posted by 映画大好き at 15:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シネマ ミュージックの作り方

シネマミュージックでは、シネマのメインテーマが重要なようにミュージックにはメインテーマと呼ばれる最も大切にされるメロディを主軸にして構築しています。

シネマミュージックの主命題(メインテーマ)はさまざまなパターンがあります。

シネマでは通常頭の部分や最後の部分、よく聞くのは最後の部分に、ミュージックのメインテーマが通して流れることが多い。

シネマミュージックで歌が入る場合には、作曲家が何人も合同で作る場合があります。

シネマ ミュージックにおけるメインテーマはだいたい、シネマにおけるサビの部分である恋愛の描写などセンチメンタルだけど重要なシーン、心に元気や勇気を与える戦いなどのハラハラドキドキのシーンの数曲程度が、シネマの中でのメインミュージックとされる。

シネマ ミュージックのメインテーマ曲は耳に映像と合間って心に残る曲になりますよね。

シネマミュージックで今、タイタニックの映画と聞いてすぐに思い出す曲がありますよね。

バックトゥザフーチャーと聞いてもすぐその曲が思い浮かべられます。

また、シネマミュージックを聴いているとメインテーマ曲のマイナーチェンジしたパターンの曲が流れていることもあります。

シネマ・ミュージックではそういった手法を使うことによって、作品自体の厚みを増すことやよりメインテーマへの印象付けを考えて構成されている。
posted by 映画大好き at 14:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シネマとミュージックの甘い関係

シネマとミュージックの甘い関係をご存知でしょうか。

シネマとミュージックの甘い関係は最近のことではありません。

シネマとミュージックは映画音楽とも言われ、シネマの中で使われるミュージックをいう。

シネマ ミュージックはシネマ作品においては脇役的な存在と思われがちなミュージックですよね。

シネマ ミュージックは実はそうではないんですよ。

シネマ ミュージックではあるが、その作品を通して貫かれているテーマや登場する人物の感情や性格、場面の状況などさまざまなシチュエーションを通して、ミュージックという抽象的な表現形式によって見る者すべてに感動を伝える、大切なポジションでなんです。

シネマとミュージックの歴史について述べてみましょう。

シネマとミュージックの関係でシネマに音声がついたのは第一次世界大戦前後の1920年代にトーキーが発明されてから以降なんです。

しかし、シネマとミュージックの関係において、音声が入る以前のサイレントシネマを上映する際にも、映画館の現場ででピアノなどによるミュージックを演奏していました。

時には、シネマにおけるミュージックは予算がたっぷりあるシネマの場合、フルオーケストラの伴奏ミュージックで上映されていました。

シネマとミュージックのワールドで世界初のシネマミュージックは1908年、サン=サーンスが「ギーズ公の暗殺」のために作曲したミュージックとされています。

別件でも、ショスタコーヴィチが1929年に「新バビロン」、エリック・サティが1924年に「幕間」を書き上げるなど、当初の映シネマミュージックはクラシックミュージックの作曲家が主な担い手でした。

シネマとミュージックの関係で有名な音楽家をあげてみると、、最も有名なシネマアーチストはアメリカのジョン・ウィリアムズが1番最初に出てくる名前ですね。
posted by 映画大好き at 13:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。